志望動機で高まる採用確率

アルバイトの経験を積み重ねると、履歴書の志望動機にどのような事を書けば良いのか分かってくるようになります。でも、アルバイトが始めての人には「履歴書の志望動機って何を書けばいいの?」と疑問に思っている人も多いと思います。ただ漠然と考えていた動機も、実は重要な採用ポイントだったりもします。何を書けば良いかわからない場合は、他人に評価してもらうという手段もあります。自身だけでの判断では、客観的に良いか悪いかを正確に評価する事が難しいです。自身では問題ないように思える志望動機であっても、アルバイトの採用担当者が読むと適していないという事がよくあります。そんな事を言うと、なんだか難しそうに思えてきますが、ポイントは職場の雰囲気やコンセプトから志望動機を探ると良いですよ。例えば、笑顔で元気の良い職場なら「接客業が好きだから」「チームワークの良い職場で働き、自分もスキルアップしたいから」などは立派な志望動機です。接客業が好きでチームワークを大切にするような人は、サービス業には是非欲しい人材だと思われます。また、工場のアルバイトならば「コツコツと取り込む仕事が好きだから」というのも立派な志望動機です。基本的には「○○をやってみたい」「○○がすきだから」というポジティブな印象を受ける志望動機を書くと採用されやすいですよ。たとえ応募する求人がアルバイトであっても、志望動機に手を抜かないという点が大切です。志望動機の文章から、採用担当者に意気込みが伝わると思いますよ。