人生のステップアップ

誰にでも出来るような簡単な仕事であれば、履歴書の志望動機が多少適当であっても、採用される可能性は高いです。しかし、仕事の内容が難しく責任が求められる仕事では、安易な姿勢では採用を獲得することは難しいでしょう。アルバイトを長い間続けて行き、もっと難しい仕事にステップアップしたいという意欲を持っている人であれば、履歴書にも多少力を入れることも必要です。最近のアルバイトは、福利厚生がしっかりしているものもあり、最初はアルバイトだったけど、正社員になり、さらには店長へ昇格というステップアップを狙ってアルバイトを始める人もいます。初めてアルバイトする人にはなかなかピンとこない話かも知れませんが、生活費を稼ぐためだけに始めたアルバイトが、いつしか生きがいになっていた、という事例も数多くあります。例えばネイルサロンでアルバイトをしていて、アルバイトをしながらそのうち資格を取り、社員になり、気が付けば自分のお店を持つまでになっていた・・・という人もいますよね。このように人生には何が起きるかわからないので、アルバイトにしても正社員にしても、履歴書を書く場合は手を抜かないことです。前向きで夢のある履歴書を見た採用者が、あなたを応援したい!という気になるかも知れませんよ。たががアルバイト、とは思わずに真剣に取り組む姿勢を見せることが大切です。履歴書によく見られるありきたりな表現を改めて、まずは、求人側がどのような人物を欲しているかを事前に調査してみてはいかがでしょう。仕事の内容をよく分析すれば、どのような人材が求められているのか、おおよその見当はつくと思いますよ。